2017年11月22日

「集合論(数学で行こう)」第9.1版

自著「集合論(数学で行こう)」の第9.1版を公開した.

DLmarketで購入


【集合論(数学で行こう)第9.1版】
第9.1版では,第1章から第4章の文言を見直した.証明内の「大げさな」部分を「普通」の表現に修正した.もちろん誤植の修正も含んでいる.

ページ数は第9版の249頁から245頁になった.ページ数が減ったのは.上記表現の修正による.項目を削減したわけではない.

前回のエントリーにも書いたが,個人的には,取り回しの良さでPDF版のほうが良いと思う.PDF版には,

  • 個人の範囲で印刷自由
  • テキストの選択コピー自由
  • ロックなし
  • 個人の範囲で複製自由
  • 改訂版のダウンロードが自由
  • 要はただのPDFファイル

という利点があるからだ.

製本版を第10版で出すという予定は変わらない(第10版までの予定は大きく変わっているが).





   ↓クリックしてもらえると励みになります.
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
 

2017年11月2日

「集合論(数学で行こう)」第9版

自著「集合論(数学で行こう)」の第9版を公開した.


DLmarketで購入


第9版での改訂は,一言で言うと,

  •  全体に渡り再構成した.

となる.証明の不備の修正,誤植の修正など,見直しは多くに及んでいる.

ページ数は第8版の241頁から249頁に増えた.

個人的には,取り回しの良さでPDF版のほうが良いと思う.PDF版には,

  • 印刷自由
  • テキストの選択コピー自由
  • ロックなし
  • 個人の範囲で複製自由
  • 改訂版のダウンロードが自由
  • 要はただのPDFファイル

という利点があるからだ.

なお,今回予定していた製本版は次期第10版に変更する.まだもう少し見直すべきところが残っている.量としては大したことは無いのだが,自分の理解が追いついていないところが少しある.製本版はその部分を再確認してからになる.




   ↓クリックしてもらえると励みになります.
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
 

2017年9月3日

ブログ更新の予定

「集合論(数学で行こう)」の第9版が完成するまでブログの更新はない.

(写真は本文とは関係ありません)

「集合論(数学で行こう)」の改訂作業に注力しているため,しばらくはブログを書くほどの余裕がない(かわりにツイッターでつぶやいている).

(写真は本文とは関係ありません)


なんとしても,第9版で製本版を出したい.




   ↓クリックしてもらえると励みになります.
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
 

2017年8月14日

英語嫌いは英語のせいではないかもしれない(ツイートまとめ)


〇〇嫌いというのは,なんらかの思い込み・先入観・親や他人からの刷り込みなどからくることが多いように思う.

自分の場合は,なにに影響されたのかはわからないが,いわゆる文系の科目が苦手であり,英語に関しては特にひどかった.


英語に関しては(特に高校入学以降)救いようのない状態が続いていた.苦手・嫌いから単語・熟語・構文などの基本的な部分を覚える気にならず,少々頑張った程度ではなにも頭に残らないという情けない状況だった.



この先生に当たったのが最初の転換点だった.必要な個所とそうでないところを峻別してくれたり(他の先生方はもともと英語が好き・得意なので実用的な部分とそうでない部分の区別の意識がなかったように思う),何よりも生徒を当てて答えさせることをしないというのが良かった(私にとってこれは大きかった).

大学に行く前に,一つ予備校の話があるw

予備校時代,一冊丸々やり終えた最初の問題集は,数学でも物理でもなく,長文英語だった.一冊やり終えたことで,実力がついたという感覚はなかったが,多少の自信にはなったような気がする.




時間が来たら,その英文和訳の説明があるわけだが,自分はかなりとんちんかんな和訳を量産していた.

英文読解は得意になれたわけではなかったけれども,ああいう授業の進め方のおかげで,苦手意識はなくなっていったように思う.

この先生の授業に当たったことが第二の転換点だった.



この本にあった修飾と文型の話しが,自分にとって英語の第三の転換点になった.

分からない英文でも,文型と修飾関係から文の構造を推測できることが多くなり,一文々々の意味だけでなく,文章の主題が分かるようになったのは非常に大きかった.




読めるようになったと言っても,↑ このツイートような状態だが,それでもちんぷんかんぷんのままではなく,意味をなんとか取れることが格段に多くなった.




数学死ねと思ってる人も,私の英語に対してあったアレルギーと同様,数学そのものに対してではなく,実は数学の授業・教師に対する嫌悪感だったというのも大いにあり得ると思う.




ただし,調子に乗ると,↑ こういうことがあり得るので,そこは勘違いしないようにしよう.




   ↓クリックしてもらえると励みになります.
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
 

2017年8月4日

数学の教科書には解答をすべて付けて欲しいという話し(ツイートまとめ)

このエントリーを書いている時点で2ヶ月ほど前のことになるが,そのときのツイートのまとめである.


詳細な回答を付けている教科書もあるが,少数派.



私の場合,教科書とネットが頼りだ.しかし,自分の求める情報が得られないことが多い.



オイ!コラ!解答付けろ!

以前にも書いたかもしれないが,解答を付けない理由が分からない.



問題だけ付けて,解答を省略するなどと言う中途半端なことをするぐらいなら,潔く,問題の方も省略するぐらいはあっていいと考えている.

問題を付けるなら解答も付ける.解答を付ける気が無いなら,最初から問題を付けない.はっきりさせた方がいい.



結局これが言いたいがための連続ツイートだった.


-


「集合論」の第9版に向けての改訂作業は,(いつも通り)遅れているが,進んでます.






   ↓クリックしてもらえると励みになります.
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村